復縁

復縁できない場合の方が多い

自然消滅は、復縁できない可能性が高いです。音信不通になるのも理由がありますし、音信不通になってからは、さらに連絡がとりづらくなります。冷静に物事を考えらえるようになりましょう。

復縁しづらい理由

音信不通になる理由を考えてみましょう。「この人と将来を考えたい」「いい関係を築いていい恋愛をしたい」と思えば、音信不通になることはまずないでしょう。忙しくても、その恋人のために何とか時間を割こうとするものです。極端に連絡がこなくなるのは、その交際に消極的になっているからです。

音信不通になるということは、話し合う気すらほとんどないか、できれば話をしたくないことになります。話し合っても無駄と考えていたり、話し合うのが面倒だと感じている可能性が高いです。その場合、相手にはふたりの関係を修復したり、改善したりする意志がありません。そのため復縁できる可能性は低いです。

復縁が難しいと感じたら

強引に、会うことや連絡をとることを迫ってはいけません。相手の警戒心を煽ったり、面倒だという気持ちをさらに大きくさせてしまいます。「どうしてほしいか」を聞いてみましょう。ひょっとしたら復縁のための条件を出してくるかもしれません。それなら、関係修復の可能性がゼロではありませんね。

「もう別れたい」「連絡をとりたくない」と言われた場合には、執拗に迫ることはやめましょう。どうしてもあきらめられない場合には、1度条件をのみ、しばらく冷却期間を設けてください。冷却期間の間には、自分も他の恋愛を見つけられるよう努力しましょう。

まったく反応がなかったり、音信不通が続くような場合にも、強引に連絡を取ろうとしてはいけません。「返事をしなければ……」とプレッシャーになるほど、相手はこちらに関わるのが面倒になったり、避けたくなったります。あくまでも軽く、プレッシャーにならない内容と頻度で連絡を入れてみて下さい。

時間が解決してくれる

気持ちの整理は、時間が経つことでできるようになります。時間が解決してくれることが多いです。好きな気持ちや、後悔する気持ちを引きずったままでも大丈夫です。時間が経てば、気持ちに必ず変化がうまれます。

もしかしたら、相手の状況や気持ちにも変化がうまれるかもしれません。冷却期間を経て、相手から連絡がくることもあります。去り際だけでも、相手を尊重する大人な良い対応をとることができれば、相手はこちらに少しはいい印象を抱いてくれるかもしれません。

数か月、音信不通が続いた場合

1ヶ月以上音信不通が続くと、何事もなかったように連絡をしてデートをする、というようなことは、できなくなります。どうして連絡をとらなかったのかや、お互いの気持ちの確認をしてから、関係をもち直せることもあれば、そのまま自然消滅してしまうこともあります。

長い間音信不通になってしまった相手と、復縁はできるのでしょうか。

連絡をとり、話し合いをする

まずは連絡をしてみます。音信不通の状態が永ければ長いほど、危険です。ふたりの関係について、話し合いをする機会を設けましょう。

大切なのは、相手を追い詰めないことです。「復縁したい」というこちらの思いばかりを伝えるのはやめましょう。相手はどうしたいのか、どう思っているのかを聞き出してください。どうすればこれからも関係を続けていけるのか、条件を聞きます。条件を飲むことができれば、その旨を伝え、やり直しましょう。

しばらく時間を置く

話し合いをした際に、「もう連絡を取りたくない」「会いたくない」と言われてしまうかもしれません。そういう場合にも、自分の気持ちを押し付けることはせず、相手を尊重しましょう。しばらく冷却期間が必要なのかもしれません。しばらく距離を時間を置きましょう。

話し合いができない場合も、しばらく時間が必要です。長文のメッセージを送ったり、こちらの悶々とした気持ちを伝えようとすると、相手にプレッシャーになって、さらに連絡が取りづらくなることもあります。できるだけ、気軽な感じで、サラっと会いたい旨を伝えてみて下さい。気軽い感じが伝われば、相手も行動しやすくなります。そのためには、しつこく連絡してはいけません。1度だけ短めのメッセージを送ってから、気長に待つようにしましょう。

あきらめることも必要

どんなに待っても連絡が来ない場合や、話し合いをしても状況がかわらない場合には、関係を終わりにすることも考えなければなりません。トラブルや悩みが続くような相手と関係を保とうと四苦八苦するよりも、もっとフィーリングの合う相手を見つけて充実した恋愛をした方があなたのためにもなります。

冷却期間を置く場合も同じです。「絶対に復縁をする」という気持ちは持たないようにしましょう。復縁したい気持ちをなくす必要はありませんが、他の恋愛をしたっていいのです。世の中を広く見るようにしてください。

冷静になることが大切

冷却期間が必要なこともあります。視野を広くして、お互いにとってよりよい道を探していけるといいですね。

自然消滅する理由は?

自然消滅とは、つき合っている恋人同士が、お互いに連絡をとらなくなり、はっきりとした別れの言葉や区切りがないまま、別れてしまうことです。ケンカをしたり、もめたりすることもなくキレイな別れにも思えますが、後悔をして復縁を考える人も多いです。どうして自然消滅してしまうのでしょう。原因を考えてみましょう。

相手への興味がお互いに薄れる

連絡が少なくなってきた場合に、どちらかに相手への強い気持ちがあれば、何かアクションが起きるはずです。音信不通の状態が数週間続いても気にならないのは、相手への興味が薄れているからです。興味の薄れは、好きという感情の薄れの表れでもあります。

他に好きな人ができたり、好きという感情がそれほど強くなかったりすると、恋人への興味が薄れて連絡の密度や頻度が下がります。お互いがそんな状態だと、ストップがかからずに、音信不通の日々が続き、自然消滅になってしまいます。

また、忙しい状態が続いた場合にも、関係が希薄になります。恋人のために時間を割くことができなくなるからです。遠距離恋愛の場合も、気持ちや関係が希薄になりやすいです。

わざと自然消滅にもっていく

こちらが気づいていなくても、相手は別れたいと思っている場合もあります。別れたいと思っていても、別れを切り出すことができずに、自然消滅へもっていいこうとするのです。別れを切り出すには、ある程度のエネルギーが必要です。ケンカになるかもしれませんし、説得するための文句を考えなくてはいけません。自然消滅なら、もめることもなくキレイに関係を終わらせることができます。好んで自然消滅を狙う人もいるということです。

ふたりの恋愛観や、結婚観、価値観にズレがある場合には、交際は上手くいきにくいです。別れを言い出せないような人は、価値観などのズレも指摘できずに我慢してしまう傾向があります。相手に言えないまま、大きなストレスを抱えてしまうこともあるのです。

コミュニケーション不足が破局を招く

自然消滅が不可抗力で起こる場合も、意図的に導かれた場合も、コミュニケーションの不足が大きな原因だと言えます。恋人をないがしろにしていると、お互いの気持ちはどんどん離れていきます。自然と連絡もしなくなっていくのです。

故意に自然消滅させようとする場合にも、「分かり合えない」「上手くいかない」という思いが相手に伝えられないまま積み重なるのが原因です。コミュニケーション不足が関係を破局に導いていると言えます。

自然消滅から復縁するには

自然消滅の場合、音信普通になってしまうことがほとんどです。相手から反応が返ってきて連絡が取れる間は、復縁の可能性があります。関係を持ち直すためにはどうしたらいいのでしょう。

こちらが関係を希薄にしていた場合

忙しかったり、他のことで頭がいっぱいだったりすると、恋人に時間を割くことができなくなります。連絡が来ても後回しにしてしまいがちです。そうすると、相手は「こんなもんなのか……」と、気持ちが下がってしまいます。こちらの恋愛に対するテンションが低いと、相手もそれに合わせてテンションを下げてしまいます。

関係を希薄にしている原因が自分だと気づいた場合には、少しこまめに連絡をとるようにしましょう。一緒に過ごす時間をつくるなどして、相手の様子をうかがってみてください。うまくもち直せれば、そこからまた関係が親密になっていきます。相手が別れを意識している場合は、関係を築き直そうとしている自分との温度差を感じることになるかもしれません。

相手からの連絡が少ない場合

こちらの連絡に対して、返事が極端に遅かったり、無視されたりすることがあれば、相手の気持ちが離れている可能性が高いです。完全に気持ちが冷え込んでしまう前に、対策をする必要があります。

こちらの関わりに対して、相手がプレッシャーやストレスを感じている可能性があります。できれば関わりを絶ちたい、逃げたいを思っているのかもしれません。こちらからの束縛が強かったり、相手の自由が制限されたりしていると、相手は離れて行ってしまいます。尊重し合えるつき合いを目指しましょう。

共通の知人や友人が少ないなど接点が少ないと、自然消滅しやすいです。別れた後に、会うこともなくなり、周りから介入されることもないからです。別れた後にも、顔を合わせないといけなかったり、共通の知人がいたりする場合には、トラブルを避けるために、別れにきちんと決着をつける必要がありますから、自然消滅にはなりません。

なるべく接点を作っておくようにすると、相手が別れたいと思っている場合に、きちんと話し合いができるようになります。

自然消滅の危機を感じたら

なぜ疎遠になりつつあるのか、原因を見極める必要があります。完全に自然消滅してから復縁を考えるよりも、なんとか自然消滅を防ぐ方法を考えましょう。

相手を追い詰めないように気を付けながら、時にはまわりの人間もまきこんで、生活の中で接点を多く持ち、コミュニケーションをたくさんとることが大切です。