復縁できない場合の方が多い

自然消滅は、復縁できない可能性が高いです。音信不通になるのも理由がありますし、音信不通になってからは、さらに連絡がとりづらくなります。冷静に物事を考えらえるようになりましょう。

復縁しづらい理由

音信不通になる理由を考えてみましょう。「この人と将来を考えたい」「いい関係を築いていい恋愛をしたい」と思えば、音信不通になることはまずないでしょう。忙しくても、その恋人のために何とか時間を割こうとするものです。極端に連絡がこなくなるのは、その交際に消極的になっているからです。

音信不通になるということは、話し合う気すらほとんどないか、できれば話をしたくないことになります。話し合っても無駄と考えていたり、話し合うのが面倒だと感じている可能性が高いです。その場合、相手にはふたりの関係を修復したり、改善したりする意志がありません。そのため復縁できる可能性は低いです。

復縁が難しいと感じたら

強引に、会うことや連絡をとることを迫ってはいけません。相手の警戒心を煽ったり、面倒だという気持ちをさらに大きくさせてしまいます。「どうしてほしいか」を聞いてみましょう。ひょっとしたら復縁のための条件を出してくるかもしれません。それなら、関係修復の可能性がゼロではありませんね。

「もう別れたい」「連絡をとりたくない」と言われた場合には、執拗に迫ることはやめましょう。どうしてもあきらめられない場合には、1度条件をのみ、しばらく冷却期間を設けてください。冷却期間の間には、自分も他の恋愛を見つけられるよう努力しましょう。

まったく反応がなかったり、音信不通が続くような場合にも、強引に連絡を取ろうとしてはいけません。「返事をしなければ……」とプレッシャーになるほど、相手はこちらに関わるのが面倒になったり、避けたくなったります。あくまでも軽く、プレッシャーにならない内容と頻度で連絡を入れてみて下さい。

時間が解決してくれる

気持ちの整理は、時間が経つことでできるようになります。時間が解決してくれることが多いです。好きな気持ちや、後悔する気持ちを引きずったままでも大丈夫です。時間が経てば、気持ちに必ず変化がうまれます。

もしかしたら、相手の状況や気持ちにも変化がうまれるかもしれません。冷却期間を経て、相手から連絡がくることもあります。去り際だけでも、相手を尊重する大人な良い対応をとることができれば、相手はこちらに少しはいい印象を抱いてくれるかもしれません。